こんにちは!賢成義塾の塾長、平島です!

3年生は受験生。しかし中3年生に入ると部活が集大成の年でもあります。

好きなスポーツや美術や音楽に打ち込む事は中学生時代には大変重要なことだと思います。

しかし、熱心な部活動だと毎日活動(昨今は週休2日が原則ですが、試合が近いと休日がないことも)があり、

勉強に影響が出ないかと心配になるのは保護者様だけではありません。

実際に、部活で、時間がほとんどなくなり、勉強面で悩んでいる中学生は少なくありません。

賢成義塾にお試しに来る生徒さんの中にも、塾には行きたいが今は部活を頑張って勉強は部活が終わる8月からでもいいかな?

と悩んでいることがあります。

反面、部活を頑張っている子に成績が良い子が多いのも事実です。

そのポイントはズバリ「時間の使い方」です。

部活があるからと勉強は二の次にしながら、ゲームの時間はしっかり確保・・・なんてこともあります。

そこで今日は、部活と勉強を両立するコツについてお話いたします。

⓵ 時間の使い方を細切れにする
 
 ポイントは時間を細かく分ける習慣です。

部活から戻って来て夕飯まで15分。
15分あれば漢字の5個や10個は覚えられます。
英語や国語の音読も出来ます。

どんなに忙しい中学生でも10分、15分の隙間時間は沢山あるものです。
その10分、15分をテレビを見たり、スマートフォンに費やすか勉強に使うかです。

ちょっとテレビを見たり、スマートフォンを触ったりも気分転換としては有効です。
でもそれは無ければ無いで過ごせる物です。

⓶ 早起きする

朝、早起きする習慣をつけてしまいましょう。
体は疲れていて、お腹も一杯そんな状態で勉強しても頭に入らないという場合もあるでしょう。
いっそ早く寝て体力を回復させ毎朝一時間早起きするのも手です。

たかだか一時間と思うかもしれませんが、朝の時間の貴重さは誰でも認めるところですね。

「早起き」なんか出来ないと思うかもしれませんが、習慣の問題です。
 朝練がある日はどんなに寝坊な中学生でもちゃんと起きてきます。

 時間は工夫で作るもの!部活があっても3~4時間の家庭学習(塾の時間を含む)は出来るはずです。

スタートは早い方が有利なことは当然ですね。

今日も一緒に頑張って勉強しましょう!