こんにちは!賢成義塾塾長の平島です。

賢成義塾では生徒さんに「目標」を立ててもらってます。

「夢」ではありません。「目標」です。目標は達成できますが、夢は夜見ればいいものだと思っております。
(夢は実現しないからこそ夢なのです。ちなみに私は空を飛んでいる夢をよく見ます。平泳ぎで飛びます。
    どなたか夢診断してください(笑))

現実的な目標が重要だと思います。

「目標」はなんでもいいし、いくつでもいいです。

例えば・・・「今度の定期テストで〇〇点とる」、「〇〇高校に合格する」、「英検3級に合格!」「一日5時間勉強する」など

ポイント達成できたか、できなかったのかがはっきりした「目標」であることです。だから「部活を頑張る!」みたいなのはNGです。

頑張ったかどうかははっきり決められませんからね。

この「目標」は与えるのではなく自分で考えることが重要です。

与えられた「目標」はノルマとなって苦痛です。

自分で立てた「目標」はエネルギーになります。

今まではまさに夢か?と思うような「目標」を堂々と立ててくれる生徒さんを見ると本当に塾冥利に尽きます。

では、今日も楽しく勉強しましょう!