こんにちは!賢成義塾、塾長の平島です。
今日は、中学生の数学の定期テストの勉強方法を解説します。

勉強のできない生徒さんで、「数学だけは出来る」という人はほぼいません。
数学ほど子どもたちを悩ませる教科はありません。

というのも一度わからなくなると、その後ずっとわからなくなるからです。
ですので、1年生の初めから対策をしておいたほうがいい教科です。

ただ、3年生からでも遅くはありません。きちんとした勉強法を実践すれば、
誰でも成績を上げることは可能です!

なぜなら、最初に躓いた点を見つけられれば、挽回が可能だからです。

数学という教科は、説明書を見ながらその通りできるかを確かめる教科です。
教科書が説明書で、ワークが実践です。

ですから説明書である教科書すら理解していない状態でワークを解こうとしてはいけません。
これでは成績は上がるわけがありません。まずは教科書の問題をきちんと解いてください。

きちんと授業を聞いても、1度ですらすら解けなくても、ゆっくりと
解説を見なくても解けるように、問題を繰り返し解いていきましょう!

しっかりとやったつもりなんだけど、テストの点が今一つ?

それはうろ覚えの状態だからです。テストに出そうな問題パターンを全部マスターするまで
問題をたっぷりとこなしてください。

では、今日も楽しく勉強しましょう!