こんにちは!賢成義塾塾長の平島です!

成績が伸びる子、伸びない子の違いに関してはいろんな点があります。少しずつ書いてまいりますが、今日は一番のポイントです!
他人からの助言を素直に聞くことができる子供は伸びやすい子の特徴です。

もし、勉強法をしていた場合やノートの取り方がおかしかった場合、アドバイスをしても直さない生徒さんがいたとします。この時に「直してみよう」と思えるか思えないかはずいぶんと結果に違いが出ます。生徒さんによってはその時は直すけれども、翌日はまた自分流になっている場合もあります。

ここで素直に直してみようと思える子は成績が伸びる、勉強の出来る子と言えます。
『自分のこだわりを持っている』のかもしれません。ならばなぜそうするのかを言うべきでしょう。やっぱり「素直さ」が重要になります。

普段は素直でも、「自分のやり方が全て」と頑なに聞かないのであれば、それは学力には繋がりにくいでしょう。

もし間違ったまま、非効率なやり方にこだわりを持ってしまっていれば、それはダメだ、と言い切るつもりはないのですが、それがもし間違ったやり方であった場合に、受験で苦労する可能性が高くなるでしょう。

「こだわり」が強い子供の場合、「このようにしなさい」と言ってしまうと「嫌だ」と反抗してしまうので、提案をする形にします。

そして、その提案が何故良いのかを明確に示します。

「貴方のやり方もいいと思う。でも、こういうやり方はどうかな?こうすると、あなたのミスがこのように減るよ」

すぐにその通りにしなくても、いざ躓いたとき、「やり方を変えてみようかな」と思うかもしれませんね。
それでもいいかもしれませんが、やっぱり最初から変える方が効率的ですね。